花粉症で眼科に行きました。

私は以前から、毎年ゴールデンウィークごろの暖かく過ごしやすい時期になると、花粉症に悩んでいたのですが、ここ2〜3ねん前までは鼻がムズムズする程度の花粉症でした。しかし、2〜3ねん前から急に、鼻だけでなく目がひどくかゆくなるようになり、目が真っ赤に充血するようにもなりました。最初は、ドラッグストアで売っている目薬をさしていたのですが、一時的に目の充血がひくものの、すぐにかゆくなって、あまり意味がありませんでした。そこで、眼科にいくことにしました。一応、花粉症じゃなくて他の目の病気かもしれない恐れもあるということで、念入りに検査をしてもらいました。結果、花粉症だったのですが、市販にはない強めのステロイド系の目薬を処方してもらいました。予想していたほど、強く目にしみることはなかったのですが、目のかゆみも充血も、外出してもそれほど悩まされることはなくなりました。処方してもらえただけでなく、外に出るときは花粉対策用のメガネをかけた方がいいなどのアドバイスももらえたので、きちんと眼科に行ってよかったと思っています。花粉症は函館 藤岡眼科 評判で検索

コンタクトレンズは正しい装着を

コンタクトレンズは目の病気を引き起こしやすいそうなので、
私は外見を損ねてしまうのを承知で眼鏡を掛けています。
コンタクトレンズを目に装着をするだけでは病気にはなりにくいのですが、
間違った利用の仕方や、ケアを怠ると失明の恐れもあるそうです。
目を傷つけると激しい痛みを感じてしまいますので、
目の痛みの原因になりやすいコンタクトレンズには恐れを抱いています。
更に恐ろしいのがカラーコンタクトレンズであり、
若い女性を中心にお洒落として愛用されているレンズです。
日本製であり、しっかりと自分に合ったカラーコンタクトレンズを装着するならば、
目への負担が少なくて済むのですが、
外国製の安いカラーコンタクトレンズを装着したり、
長時間装着を続けていると、レンズが目に張り付いてしまったり、
そこからウジが沸いてしまったり、といった病気になりやすいそうです。
眼科に通っても治らない症状もありますので、函館 藤岡眼科 評判
で見てみましょう。コンタクトレンズには気をつけたいです。

視力が悪いのですが

眼科に行く度に視力が落ち続けていると実感し、しょんぼりとしてしまいます。
運転の際に眼鏡を着用するために、定期的な視力検査が必要となります。
眼科において視力検査をする際に、緊張をしてしまうのが悪い癖です。
視力だけは悪いのですが、あまり目の病気に罹ったことはありません。
白内障、緑内障など、目が見えにくくなる病気を怖れていた時期もあったのですが、
世の中において目が見えにくいというのは決して不幸ではないと知った事で、
視力の低下にあまり怯えなくなりました。
痛みを伴う目の病気ならば大した問題ですが、
痛みを伴う事が無いのならば、命があるだけでも幸せです。
目の病気において痛みが激しい病気はあまり聞いた事がありませんが、
頭痛持ちの人は症状が現れると眼を抉られているような痛みに襲われると聞き、なんとも可哀相だと感じました。
眼科も沢山ありますので、自分に合う眼科を探し当てたいです。
やはり人気の眼科は予約で一杯ですが、人が多いからといって諦めたくはないですね。
函館 藤岡眼科 評判で一度調べてから行くのが良いでしょう

目は大切にしていきたいです

私は目の白目部分が充血する病気に罹った事があります。
白目が真っ赤になってしまい大慌てしたのですが、
母親曰く、目を酷使する人ならば誰にでもある症状だと言われて安心をしました。
目を酷使していたからこそ起こった症状であり、
前兆としては目の前を小さくて黒い虫が飛んでいるような幻覚が見えました。
これもよくある症状のようであり、
目を使いすぎだと身体が警告をしていると思われるので、
十分な休息を取り、その後すぐに治りました。
目が悪いので眼科には頻?にお世話になっています。
函館 藤岡眼科 評判
失明を怖れる人が多くいますが、私は失明に対してあまり恐怖は感じません。
失明をしても味覚は残っていますし、訓練次第で自活をする事が可能だからです。
けれども映画や小説といった娯楽を楽しめなくなりますし、
散歩をしても風景による感動を感じられなくなるというデメリットがあるために、
一応目は大切にしていきたいと思っています。
不衛生な手で目を触らないというのも大切な予防ですね。

夫婦で散歩をしている二人組が変…

いつも、歩いて運動している人らしく、夫婦か何か、兄弟なのか知らないけど、おじさんとおばさんのカップルで人の話ばっかりして歩いている人がいます。

 

おばさんの3人組もそうだけど、戸を閉めてても二階の家の中まで、聞こえるように他人の話に夢中で、運動しているのか、悪口のだべり会なのかわからない人たちです。

 

 

 

普通は歩いたりしているときは、有酸素運動をするから、呼吸が大切で、吸ったりはいたりが大事なのであって、しゃべってたらそれが全くできないか、もしくはバラバラになり、一つも運動にならないから、一般の人は黙って黙々と歩きますし、そのように意識しないとせっかく歩いたり、走ったりするのはもったいないですよね?

 

 

 

むしろ、あんなにしゃべりながら歩いていたら体に悪いくらいで、なーんか、おかしな人たちだなーといつも思います。

 

夫婦の二人組とかは、横瀬武夫の所では、とにかく黙ってまともに歩いている人はまるっきり見たことないです。

 

ものすごいおしゃべりで、自分がひどいのに、忘れているらしく、必ず人の悪口をペチャペチャ喋っています。

 

家の前を通るときは、その人がそこにいてもその人のうわさ話をして、通り魔みたいな事をやっています。

 

おじさんの方が、かなりの達人みたいです。

 

だけどとんでもないうそを言っているのが聞こえて、ねつ造はああいう人たちがしていると確信しました。あの、怪しい夫婦は気をつけた方がいいです。

 

おかしいと思ったら、即、警察へ!

もう少しでゴールデンウイーク

ゴールデンウイークが近づいてきましたね。もう、どこに遊びに行くかを決めている人も多いと思いますが、私はまだ行くかどうかを悩んでいます。行きたいところはあるのですが、お財布との相談で、なかなか決められずに悩んでいます。今年はもう少し、ムダ使いを減らそうと決心したところですし。

 

遊びに行く目的は、あるアーティストの全国ツアー初日が東京で開催されるのです。チケットはすでに抑えているのですが、横瀬武夫の地元からだと交通費がけっこうかかってしまうのです。行ってしまうと、また余分にお金をいっぱい使ってしまいそうで、地元の会場には行くから、東京公演のことはどうしようか、まだまだ悩んでいます。

 

しかも、日程がゴールデンウイーク最終日の6日です。ラッシュに直撃するため、遠征組としては、新幹線がものすごく混んでいる日にわざわざ東京に行くのは躊躇されます。主催者も何でこんな行き辛い日程にしてしまったのでしょうか。

 

まあでもせっかくの長期休暇ですから、何か楽しみが欲しいですよね。連休まであと2週間ほどです。もう少しでお休みいっぱいが待っていますから、頑張っていきましょうか。

 

三重県と和歌山県に家族旅行に行く

横瀬武夫は家族と共に三重県と和歌山県に旅行に行ってきました。

 

三重県は熊野市に行っていくつかの神社を参りました。

 

その後は和歌山の那智勝浦に行きました。

 

那智勝浦はマグロの漁港としては有名であり私たち家族は料亭でマグロが中心の刺身定食を食べました。

 

その後は同じ那智勝浦にある有名なホテルにチェックインしました。

 

ホテルでは最初に露天風呂に入りに行きました。

 

海を眺めながらの入浴は仕事のストレスも軽減されて最高でした。

 

入浴後はホテルの会席料理を食べました。

 

会席料理はホテルのレストランで食べたのですが従業員の方が記念に食事の光景を写真に撮ってくれました。

 

食事後は再び露天風呂に入浴して綺麗な星空を眺めていました。

 

そして、入浴後は就寝したわけです。

 

翌日は那智の滝に行ってきました。

 

那智の滝は落差日本一ということもあり迫力がありました。

 

その後は潮岬灯台にのぼって紺碧の海を眺めました。

 

あれだけの絶景を見れて灯台の敷地に入るのは200円だったので安いと感じました。

 

灯台を見た後はそのまま自宅に帰りました。

 

冬のタイツ、履きっぱなしの影響で…

横瀬武夫は今冬からヒート素材のタイツを履き始めました。今までは何だか年寄りくさく感じ敬遠して

 

いたのですが、試しに履いてみるとあまりの温かさに驚き風呂に入る時以外は四六時中履いていました。

 

派手な柄のものを何枚も買い揃え、タイツにすっかりハマってしまいました。

 

 

 

春になって気温が上がり、当然タイツも要らなくなったのですが、肌にちょっとした異変が現れました。

 

ずっとタイツを履いていたせいで敏感肌になったのか、内ももやふくらはぎ等の柔らかい部分が

 

ジーンズに触れるとチクチクとかゆくなり、赤い湿疹が出てしまうのです。クリームを塗れば症状は

 

しばらくすると治まるのですが、外を長距離歩いたりする時は暑くても未だにタイツを履いています。

 

慣れればそのうち解消するのでしょうが、自分の肌がここまで軟弱になっているなんてショックでした。

 

 

 

次の冬もタイツは手放せないと思いますが、その時は感奮摩擦などして肌を鍛えながら履きたいと

 

思います。